menu

メンバー紹介

代表取締役髙田裕之

昭和59年 東京大学法学部卒。
野村證券、NYイーストディールリアルティ, クレディスイス、アルティマラボラトリー代表、エンデバーパートナーズSG代表。
米国不動産業務を振り出しに一貫して不動産金融関連業務と事業法人へのファイナンス・アドバイザリーに関与して28年。上記米国不動産投資銀行での経験を活かして、日本初の大型CMBSであるマイカル証券化、西友証券化等を手掛けた。同時に日本にAMの概念を導入した。その後もクレディスイス証券において、不動産金融商品案件を手掛けた。不動産金融商品技術を駆使し、実業を活かすという実践に取り組み続けている。

山本 泰三

昭和63年 東京大学教養学部卒。
富士銀行、パシフィックホールディングス、パシフィックインベストメント代表取締役、ジャパンアセットトラスト。
パシフィックホールディングスにおいて、不動産投資ファンドビジネスを立上げ。個人富裕層、機関投資家向けのファンドを組成し、運用業務を統括。不動産ファイナンスのマーケットを拡げるJ-REIT(日本レジデンシャル投資法人、日本コマーシャル投資法人)上場のため、運用会社設立、プレリートファンドの組成を実現。

落合 豊

昭和63年 法政大学法学部卒
東京都民銀行(現きらぼし銀行)、三洋電機クレジット、Kennedy Wilson Japan(旧 KW Investment)を経て平成30年6月入社。
銀行業務にてリテール・ホールセール業務を経験後、証券運用業務に従事。主に国内債券運用や株式投資なども経験。三洋電機クレジットでは、主に新規事業の立上を行い、不動産ファイナンスやアセットファイナンスの新規取組を行った。
米国Kennedy Wilsonと米銀Wachovia(現Wells Fargo)との合弁であるKWJ創業メンバーとして、AM会社の運営を主導。500億規模の住宅投資を主体に不動産投資、資金調達等10数年にわたるAM事業の経験を今後も生かしていく。