menu

戦略的不動産投資のプロ集団

道慈キャピタル株式会社

企業理念

知財を産み出し、社会へ

1999年を発端に、日本に上陸したノンリコースローンやCMBS等の証券化商品で培われた不動産金融技術は、リーマンショックを境にして、下火になったことは多言を要さない。リート市場の発展や、ノンリコースローンの定着のように着実に成長した分野もあるので、一概には言えないが、資本市場でのマネーゲームの道具になり下がったことが原因で、一旦は消滅してしまった商品と技術も多い。 証券化初期の不動産金融が目指した技術は、実業への貢献こそが主眼であったものも多く、そのような、未来につながるべき金融商品技術を、改めて現代的課題の解決のために、現実に利用・応用しつつ、企業として永続する「知財」のレベルまで磨きあげる。これが、企業の使命であると考えてこの会社を創業する。

全てのステークホルダーが、適正な利益を得る設計を

当社に事業機会をいただけたならば、まず、価値を生み出すことで、顧客に利益をもたらすことが第一の基礎となり、その上で、事業に参画する関係者がフェアな利益を享受することを考える。 目新しい技術の導入が、実はまやかしであることも歴史ではよく見られるものである。顧客利益の追及と顧客との利害の同一化を徹底し、そこで創造された利益を正しく評価・理解していただいた上で報酬やリターンを頂戴する。この準則が創業の2番目の理念である。

業務概要

「売るに売れない不動産」
×
「その事情」
=「多様な価値創造機会」
の数だけ私どもの仕事があります。

詳しく見る

業務実績

さくら野百貨店 弘前店

詳しく見る

メンバー紹介

アセットファイナンスの技術を高度に活用する豊富な経験と深い知見を持つメンバー。